Nursery Profile

保育の特徴

イメージ子ども達に、主体性や人とのかかわり力を育てることを大切に、一人ひとりの発達を考慮した、人とのかかわり力、自己有能感を引き出す環境設定をしています。
0歳から6歳までの子ども集団がある保育園で、発達差のある異年齢同士、同年齢同士のかかわり合いができる保育をします。
また、子ども達に、自然が感じられる五感を育てる環境を大切に保育します。

子ども達に、主体性や人とのかかわり力を育てることを大切に、一人ひとりの発達を考慮した、人とのかかわり力、自己有能感を引き出す環境設定をしています。
0歳から6歳までの子ども集団がある保育園で、発達差のある異年齢同士、同年齢同士のかかわり合いができる保育をします。
また、子ども達に、自然が感じられる五感を育てる環境を大切に保育します。

イメージ

異年齢保育による子ども同士の関わり合い

子ども達は、異年齢集団の生活の中で、保育者を始めとする様々な人との関係を体験し、社会性を自然に身に付けます。また、生活習慣の自立や言葉のやりとり、知的な探究心も異年齢集団の関わりから自然に獲得していくなど、子どもの成長には、非常に大切で欠かせないものです。

※異年齢児保育とは

  • 子ども同士の関わり合い(思いやりや憧れ)
  • 一人ひとりの発達過程に応じる保育環境

チーム保育

様々な子どもたちの発達を捉えるためにも、多様な視点による見守りが必要となります。一つのグループを複数の保育者により構成し、チームワークで叶える保育を目指していきます。

  • リーダー・サブ・アシスタントの3役による構成
  • 複数の視点による子ども一人ひとりの理解

子どもが主体的に活動する為の環境構成

子どもの活動への意欲を高める為、保育者からの一方的に与えるのではなく、子ども達が自ら選択します。ここでは、基本的な要求を十分に満たし、適切な判断力が生まれます。また、選ぶということで自らの思いを実現し、最後までやり遂げる達成感を通して、自由と責任のルールを身につけていきます。

やってあげる保育から見守る保育へ

※ゾーニング保育とは  
※選択性保育とは  
※順序性保育とは  
※習熟度別保育とは

見守る保育

イメージ子ども達の発達はそれぞれで、全ての子どもに同じ事をする事が平等ではなく、それぞれの子どもの発達段階を促え、時には見守り、援助が必要ならばしっかり向き合うことを行います。

「やってあげる保育」ではなく、子どものやりたいことを引き出し保障する保育です。

子ども達の発達はそれぞれで、全ての子どもに同じ事をする事が平等ではなく、それぞれの子どもの発達段階を促え、時には見守り、援助が必要ならばしっかり向き合うことを行います。

「やってあげる保育」ではなく、子どものやりたいことを引き出し保障する保育です。

イメージ
Scroll Up